結婚式準備マナー

招待されたら?参加不参加に問わず丁寧な返信を!

友人知人、会社の同僚など結婚式に出席する機会は多くありますが、結婚式の招待状をもらった場合返信するのにもマナーがあります。結婚式の招待状は、式前に返信ハガキで結婚式や披露宴の出欠の確…

Read more

ご祝儀の金額は?関係性で異なる!

結婚式は新郎新婦にとって一生に残る大切な儀式です。そのため「結婚式の案内状」をもらったときは、心を込めてお祝いすることが大切です。お金だけがすべてではありません。しかし「ご祝儀」の…

Read more

結婚式当日マナー

結婚式当日のマナーには式場独自のルールもあります。準備した服装に着替えて荷物を預ける場所を覚えることも大切。普段は親しく接する新郎新婦にも結婚式当日は節度ある態度を。また、披露宴中にもワイワイガヤガヤしないで静かに楽しく振る舞うコツも必要です。こちらではそんな結婚式当日のマナーを覚えましょう。

着替えの礼儀と荷物の預け方を知る!

結婚式に招待された女性の場合、新郎新婦とどのような関係なのかによって着ていく服装も変わるでしょう。男性の場合は、礼服かスーツといった単純な二択になることが多いですが、女性の場合は…

Read more

新郎新婦やその家族や親戚に対する応対を覚える!

友人や知人の結婚式に招かれたときは、失礼にあたらないよう、ゲスト側のマナーもきちんと理解しておきましょう。女性はドレスアップして出掛けることが多いですが、肌の露出の多いドレスは避けま…

Read more

披露宴中とスピーチ中にハメをはずさず楽しく過ごすコツ

結婚式は新郎新婦の新たな生活をお祝いする場なので、楽しく明るい雰囲気で過ごしたいものです。しかし、いくらお祝いの場とはいえ、ハメをはずしすぎるのは避けましょう。場の雰囲気が悪くなって…

Read more

服装はどうするの?フォーマルの基本を守って!

基本を押さえて服装を選ぼう!

結婚式に出席する場合、どのような服装にすればいいのか悩んでしまう人も少なくありません。新郎新婦や親族に対して失礼にならない服装を心がけるためには、結婚式の服装に関するマナーを覚えておく必要があります。結婚式に出席する際は、フォーマルな装いが基本です。男性であればダークカラーのスーツ、女性ならワンピースなど華やかな装いを心がけましょう。スーツに合わせるネクタイは、白・シルバーが定番ですが、パステル系のブルーやピンクなどを合わせても問題ありません。ただし、男性も女性も新郎新婦よりも目立つ服装をするのはマナー違反です。主役はあくまで新郎新婦であることを忘れずに、お祝いの席に華やかさをプラスする装いを目指しましょう。

小物選びも慎重に!知っておきたいタブー

基本を押さえて服装を決めたら、あとは縁起が悪いとされる素材や柄に気を付ければ結婚式場で浮いてしまうことはないでしょう。蛇やゼブラなど殺生をイメージするアニマル柄のアイテムは、結婚式で身につけることがタブーとされています。また、黒いネクタイは弔辞用のイメージが強くおめでたい席には不適切です。ネクタイ・バッグ・靴など、小物にも気を配ってお祝いの席にぴったりの服装で出席しましょう。結婚式のスタイルによっては、「平服でお越しください」といわれることもあります。平服を普段着だと思っている人もたくさんいますが、平服は改まった場でも問題ない服装を示すので普段着で出席すると恥ずかしい思いをすることになるかもしれません。平服でも良い場合は、フォーマルな服装をベースにシャツやネクタイでカジュアルな印象を持たせるなど工夫してみると良いでしょう。