ご祝儀の金額は?関係性で異なる!

ご祝儀の相場を確認しよう

結婚式は新郎新婦にとって一生に残る大切な儀式です。そのため「結婚式の案内状」をもらったときは、心を込めてお祝いすることが大切です。お金だけがすべてではありません。しかし「ご祝儀」の金額によっては、受け取る新郎新婦の反応も変わってきます。金額が多すぎると相手の負担になる場合もあるでしょう。一方、金額が少なすぎると相手が不快な気落ちになることも考えられます。ご祝儀の金額について、面と向かって意見する人はいないかもしれません。それだけに、せっかく渡した「ご祝儀」によって微妙な距離感ができるのは、絶対に避けたいところです。ご祝儀には相場があり、親戚・友人・会社関係者など、自分と相手との関係によっても異なります。もし、ご祝儀の金額で迷ったときは、相場金額について確認することが大切です。

出席者同士で金額を合わせよう

「ご祝儀」は、ほかの贈り物とは異なって金額がはっきりわかります。品物選びで悩まなくて済むのが嬉しい反面、精神的負担を感じるかもしれませんね。また、手渡したご祝儀は記録に残るため、ほかの人と比較されてしまいます。その結果、自分のご祝儀が浮いてしまうこともあるでしょう。そうならないためには、結婚式の出席者同士が事前に相談しあう方法があります。親戚なら親戚同士、友人なら友人同士で金額を統一することで、自分だけが目立つことが避けられます。また、出席者同士が相談することで、相場金額の把握にも役立つかもしれませんね。ただし、相談する相手にも「結婚式の案内状」が届いていることが大前提になります。これらは結婚式のご祝儀に限らず、いろいろな場面でもよくある話ですので、参考にするとよいでしょう。