招待されたら?参加不参加に問わず丁寧な返信を!

結婚式の招待状をもらった時のマナー

友人知人、会社の同僚など結婚式に出席する機会は多くありますが、結婚式の招待状をもらった場合返信するのにもマナーがあります。
結婚式の招待状は、式前に返信ハガキで結婚式や披露宴の出欠の確認が行われます。返信期限が設定されているため、それに合わせて必ず返信するようにします。返信は黒インクのボールペンまたは万年筆、毛筆で返信します。
また、重要なのが句読点はつけないようにしていきます。句読点は終わりを意味するものですので、結婚式にはふさわしくないためです。返信するときにはメッセージを添えることが一般的ですが、句読点をつかないように注意して書きます。
欠席しなくてはならないときには、あまり早く返信せずに少し間を空けてから返信します。また、事前に電話連絡をしてから返信するのもオススメです。欠席の理由を述べるときにはネガティブな言葉を使わないようにすることもポイントとなります。

書き間違いや途中参加のときには

書き間違ってしまった場合には、修正液は使わないようにします。間違ってしまったことを電話連絡をしてお詫びして出欠を伝えます。 挙式、または披露宴のどちらかにしか出席できないときには、出席に丸をつけます。その上でどちらか一方のみに出席することをメッセージに記載します。 夫婦で招待されていても子供が出席者に含まれていないという場合には、連れて行かないことが基本的なマナーです。事前に相談もなく連れて行ってしまうと準備がされていないため新郎新婦の迷惑になってしまいます。 結婚式の招待状に返信するだけでもマナーはありますが、気持ち良く結婚式に行くためにはマナーを守ることは重要です。お祝いの席に水を差さないようにマナーを守って参加していくことが大切です。