披露宴中とスピーチ中にハメをはずさず楽しく過ごすコツ

アルコールは控えめに

結婚式は新郎新婦の新たな生活をお祝いする場なので、楽しく明るい雰囲気で過ごしたいものです。しかし、いくらお祝いの場とはいえ、ハメをはずしすぎるのは避けましょう。場の雰囲気が悪くなってしまうだけではなく、主催者である新郎新婦の肩身がせまくなってしまいます。適度に楽しく明るい雰囲気を保つため、まずはアルコールの摂取を控えめにしましょう。披露宴では乾杯のときに合わせてビールなどのアルコールがふるまわれるのが一般的です。日常的にアルコールをよく飲む人、アルコールが弱い人は飲みすぎないように注意しましょう。酔ってしまうと会話が大声になるなどの悪影響があるからです。アルコールを勧められてしまうかもしれませんが、意識して制限すればハメをはずすおそれはなくなります。

飲食はメリハリをつけよう

披露宴ではアルコールを飲む量を抑えるのがハメをはずさないための大原則です。次に、誰かがスピーチしているときは飲食をやめて話を聞くようにしましょう。招待客にとって、披露宴で提供される食事は楽しみのひとつですが、スピーチ中でも飲食を続けるのは重大なマナー違反です。スピーチが始まったら飲食の手をとめて、「あなたの話を聞いていますよ」という姿勢を見せましょう。スピーチが終わったら拍手も忘れずに。スピーチが長くなってしまうこともありますが、途中でほかの人と会話を始めてしまうのもよくありません。飲食や会話を楽しむ時間はきちんと用意されるのが通例なので、スピーチのときは話を聞くことに集中する(そのような姿勢を見せる)ことが雰囲気作りで重要です。